٩(ˊᗜˋ*)و♪♪

ロック/ワールドミュージック/プログレ/フォークロック/アイリッシュ、ケルト音楽/ニューエイジ/ロックバー/ミュージックバー/札幌/すすきのetc

Ibrahim Maalouf - LIVE IN ISTANBUL




しょっぱなのトランペットのフレーズで胸きゅん。
 
盛り上がってきたらバックのドラム、ギター、ベースは絶対ハードロックミュージシャンだろ、という事になるライブ。

いやあライブを見たい見たい。


IBRAHIM MAALOUF
イブラヒム・マーロフ

レバノンの首都ベイルート出身、パリ育ちのトランペット奏者。トランペット奏者を父に、ピアニストの母を持つ音楽一家に生まれ、彼の父が開発した四分音を出すことができる“微分音トランペット”を用いる世界唯一のトランペット奏者。15歳にして、トランペット奏者にとって最難関と言われるバッハのブランデンブルグ協奏曲第2番を吹きこなし、20世紀フランス有数のトランペット奏者モーリス・アンドレに見出され、プロ音楽家の道へ。パリのコンセルヴァトワールでクラシックを学びつつ、トランペットの持つ可能性と自身のスキルを追求するため、ヨーロッパ及び国際大会にも多数出場。これまでに世界中で15以上もの受賞を果たしている。2007年以降作品をリリースし、フランスの音楽賞で華々しい受賞歴を誇るなど自身の活動の他、映画のサントラやオーケストラのプロデュース/作曲、有名アーティストとの共演、楽曲提供など幅広い活躍を見せる今最も注目されているアーティスト

https://www.universal-music.co.jp/ibrahim-maalouf/biography/



Ibrahim Maalouf - True Sorry en live



 メロディがたまらない。

バックのトランペット軍団もたまらない。

これライブで堪能したいなあ。



Ibrahim Maalouf - S3NS



 1/4音が出るという特殊なトランペット奏でる哀愁ただよう中東っぽいメロディ、音質。

ちょっとツボに入る人だ。


ロックだなあ、というフラメンコ Camarón - La Leyenda del Tiempo



 カマロンの「時間の伝説」。


OUT/Same

out


国内のダルバザ・レコードから、紙ジャケ仕様でのリシュー。アウトは札幌出身のグループで、橋本昌徳(カーマ,やぎ,ウルトラ・ヘヴン,etc)と渡部徹(ライナスの毛布,アイアイアー,etc)が中心となって12年に結成されている。本作は、20年にリリースされたファースト・アルバムで、カン・バッジのオマケ付。メンバーは、橋本、渡部、岡田亜土(パラフレーズ,カーマ,ウルトラ・ヘヴン,etc)のトリオ編成を基本に、1曲でエンジニアを務めたナガミジンがラップ・スティール・ギターでゲスト参加、バンドとケンタローの共同プロデュース。概ね、パンキッシュなラウドネスとポスト・ロック的サイケ感が交叉するサウンドを展開していて、演奏はパンク、着想はサイケという印象で、本人達はポスト・パンク系と自称している模様。ノイジーでキレのよいギターとオルタナ系のスタイリッシュなボーカルの橋本、ブハブハ&モコモコのベースとガナリ系ボーカルの渡部の、クールさとホットさがある意味好対照で、そこにシンプルで重い岡田のドラムが相俟って、結果として妙なバンド感とノリが生じている感じ。50代後半に差し掛かってのこのパワーは中々のもので、ともかくも橋本の上等なギターとボーカルを軸としたカっ飛ばし的演奏は素直にカッコよく、ポスト・ロック/ポスト・パンク系の自主制作盤としては上々の仕上がりと思う。
橋本昌徳(vo,g) 渡部徹(vo,b) 岡田亜土(ds) ナガミジン(ls-g)
Produced by Out & Kentarou

https://thirdear.co.jp/SHOP/PPJPO001.html?fbclid=IwAR0FMw6R3p0TvU13EqfxTloNVp9Lyp-9V797a9FdlhM9kjaCUQA_NJ8m4DA



 

北海道のジャズシーンを守ろう! #札幌 #北海道

ジャズシーンを守ろう
STOP!TOTAL KNOCK OUT! 〜北海道のジャズシーンを守ろう!〜



北海道のライブハウス存続のために寄付をお願いします!
今、私たちミュージシャンは演奏もできなくなってしまいレッスンなども休止になり収入の道がとざされてきています。
しかしミュージシャンがなんとか生き延びても、演奏する場所がなくなっていた、ということになりそうな危惧が日に日に大きくなっています。
何かできることはないかとあれこれ考えても、私たちだけで出来ることの少なさの前に呆然としつつ、やはり、唯一できそうなことをやるしかありません。

https://peraichi.com/landing_pages/view/stoptotalknockout/

鼬ごっこ 1st アルバム 「鼬ごっこ」



長津宏文とアヴァンプログレのF.H.Cの合体、いったいどうなることやらと思ってレコ発ライブに行ってきたけど、いい世界を作ってました。

チャップマン・スティックと鍵盤ハーモニカがいい雰囲気を醸し出してた、
 
おもしろくて興味深い。


鼬ごっこ
長津宏文:ヴォーカル、ギター
かさいあつし:チャップマン・スティック
留美:鍵盤ハーモニカ
春名泰司:ドラム

The Spoof 1st album「REVERSE」



 1/12にアルバム「REVERSE」のレコ発ライブをやったThe Proof。

いやあかっこよかった。

ライブバンドだなあ。

ちょいと応援したくなる。


2020/12/23「私は独り言~特別編」(長津宏文)/ Kraps Hall

80672870_10207197663336329_3876239114562961408_n


「私は独り言~特別編」
出演:Wingrass, 奥山漂流歌劇団, 鼬ごっこ
12月23日(月) 開場 19:00 開演 19:30
前売・予約 ¥3,000 当日 ¥3,500(共に+drink¥600)
KRAPS HALL
(札幌市中央区南4条西6丁目5番
タイムズステーション札幌すすきの1F (タイムズ駐車場ビル内の1階))

----------

鼬ごっこ
長津宏文:ヴォーカル、ギター
かさいあつし:チャップマン・スティック
留美:鍵盤ハーモニカ
春名泰司:ドラム

The Spoof presents 「REVERSE vol.1」2020/1/12 at SUSUKINO810

79934545_454579495434044_2744256176819535872_n

 The Spoof presents 「REVERSE vol.1」
2020年1月12日(日)at SUSUKINO810
OPEN 17:30
START 18:00
前売1500(当日2000)
ワンドリンク別途¥500

ACT
・The Spoof
・OLD GROOVY
・nayukijidai
・CUBE00
・The Altuu
・IDOL

DJ
・Dr.HY(the life of the party)
 
【ちょっとプログレッシヴな気分で。】
 
 
 

最新コメント
  • ライブドアブログ