play the music

ロック/ワールドミュージック/プログレ/フォークロック/アイリッシュ、ケルト音楽/ニューエイジ/ロックバー/ミュージックバー/札幌/すすきのetc

Throw Your Arms Around Me / Dolores O'Riordan

ちょっとばたばた頭が混乱したのでドロレス・オリオーダン。

ああ、いい声だ。

和む。




Music Bar NightNoise / ミュージックバー・ナイトノイズ 近日オープン

Nightnoiseカバー (0-00-00-00)_8



Music Bar NightNoise / ミュージックバー・ナイトノイズ
札幌市中央区南6条西3丁目第二桂和ビル

ロックバー、というかミュージックバー。

札幌市中央区南6条西3丁目のススキノ。

ケルト音楽などヨーロッパ中心のワールドミュージックやプログレ、ニューエイジetcいろんな音楽をだら~っと聞きながらくつろいでしまう、店主自らが。

癒される、癒されまくる、店主自らが。




よし、癒された。


というバーが4月にオープン。

ええ、自分でやります。
続きを読む

Sight an Sound in Concert / Gentle Giant

かっこいい芸達者。

 


1. Two Weeks In Spain 0:22 
2. Free Hand 3:33 
3. On Reflection 11:10 
4. I'm Turning Around 16:57 
5. Just The Same 21:06 
6. Playing the Game 26:03 
7. Memories Of Old Days 30:50
8. Betcha Thought We Couldn't Do It 38:14 
9. JP Weathers presents 40:53 
10. Funny Ways 42:40 
11. For Nobody 51:23 
12. Mountain Time 56:00 

The BBC Sight & Sound concert Golders Green Hippodrome, London, January 5th, 1978

Live in Sevilla / Nightnoise

ほお。

こんなライブなんだ。






大人のピアノレッスン

バンド仲間がやってるピアノ教室。




 <大人のためのPianoStudy>
対象 大人(15才以上)
クラシック(バロック〜近現代)からポピュラー(映画音楽・ジャズ・ポップス等)まで幅広いジャンルの音楽でレッスン。ピアノを初めて触る方から中・上級者の方まで対応のテキストでレッスン。

ピアノって子供の時から習い始めるものだと思ってたけど、 という大人むけのレッスンコースがあるんだな。

Led Zeppelinの「No Quater」で・・・ってあれはオルガンか(笑)



Pastures of plenty / Solas

こういうノリはたまらないな。

歌もいいし。

バンドの形でやってみたい。

 

 

At The Races / Nightnoise

おおお。

ドラムと重いベースを入れてやってみたい。

というよりやろうっと。

 

 

ドーナル・ラニー率いるボシー・バンドで活動していたミホール・オ・ドーナルは、アメリカのオレゴン州ポートランドに渡り、アメリカ人ヴァイオリニストのビリー・オスケイと共にナイトノイズを結成。ウィンダム・ヒル・レコードとの契約を得て、1984年にデビュー。その後、ブライアン・ダニングと、ミホールの妹トリーナ・ニ・ゴーナルが加入し、セカンド・アルバム『Something of Time』(1987年)以降は4人編成のバンドとして活動。

『The Parting Tide』(1990年)を最後にビリー・オスケイが脱退し、後任としてスコットランド人のジョニー・カニンハムが加入。これにより、ナイトノイズはメンバー全員がケルト人となり、音楽的にもトラッド音楽からの影響を取り入れていった[1]。また、かねてよりナイトノイズのファンであった遊佐未森のミニ・アルバム『水色』(1994年)に、4人全員がゲスト参加。

1996年、ジョニーを除く3人がアイルランドに帰国。その後、帰国直前のライヴを収録した初のライヴ・アルバム『The White Horse Sessions』を発表。ヴァン・モリソンのカヴァー「ムーンダンス」も含む内容で、結果的には、同作がナイトノイズ最後のアルバムとなった。また、北アイルランド出身のジョン・フィッツパトリックが、ジョニーの後任として加入[2]。帰国後のバンドは、遊佐未森のアルバム『roka』(1997年)へのゲスト参加や、テレビ番組出演などの活動を行うが、アルバムはリリースされなかった。

2003年、ナイトノイズは解散[2]。中心人物のミホール・オ・ドーナルは2006年に死去。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%BA 

White Fool / Clannad feat.Steve Perry

モイア・ブレナン、いい声だ。

いいアレンジだ。

バックのスティーブ・ペリーの声もすごい。

あーだけのところでも存在感。



Zombie & Linger(The Cranberries) / Dolores O'Riordan feat. Irish Chamber Orchestra

クランベリーズのボーカル、ドロレス・オリオーダンとアイリッシュ・チャンバー・オーケストラ。

やっぱりいい声だなあ。

Everything Comes From You / Big Blue Ball



しみる・・・・

 

制作15年!ピーター・ガブリエルによるプロジェクト作『Big Blue Ball』がついに発売

2008/06/23掲載(Last Update:08/06/24 00:31)
 ピーター・ガブリエルが90年代の初めから15年以上の月日を経て制作してきたプロジェクト・アルバム『Big Blue Ball』(写真)がいよいよリリース! 自身が主宰するReal Worldレーベルより6月24日(米国)に発売されます。
 『Big Blue Ball』は、Real Worldスタジオにて世界中から集まったアーティストたちによってレコーディングが進められてきたプロジェクト。ガブリエル、カール・ワリンジャー(ワールド・パーティー)、スティーヴン・ヘイグ(ニューオーダーペット・ショップ・ボーイズなど)による共同プロデュース作品で、ティム・フィンアンディ・ホワイトナターシャ・アトラスジョセフ・アーサーシニード・オコナージャー・ウォブルパパ・ウェンバらとのコラボレーションによる楽曲が全11曲収められています。
 アルバムは、先行発売された1,000枚限定のBlue Vinyl LPのほか、ジャケット・アートワークの異なる2タイプのCD版とBlack Vinyl LP版がリリース。プロジェクトの特設サイトでは全曲試聴も可能となっていますので、長期の制作期間を経て誕生した注目作をアナタもぜひご体験ください! 

●『Big Blue Ball』
01. Whole Thing (Original Mix) (Francis Bebey, Alex Faku, Tim Finn, Peter Gabriel, Karl Wallinger, Andy White)
02. Habibe (Natacha Atlas, Hossam Ramzy, Neil Sparkes)
03. Shadow (Juan Canizares, Papa Wemba)
04. Altus Silva (Joseph Arthur, Ronan Browne, Deep Forest, James McNally, Iarla O Lionaird, Vernon Reid)
05. Exit Through You (Joseph Arthur, Peter Gabriel, Karl Wallinger)
06. Everything Comes From You (Richard Evans, Joji Hirota, Sevara Nazarkhan, Sinead O’Connor, Guo Yue)
07. Burn You Up, Burn You Down (Billy Cobham, Peter Gabriel, The Holmes Brothers, Wendy Melvoin, Arona N’diaye, Jah Wobble)
08. Forest (Levon Minassian, Arona N’Diaye, Vernon Reid, Hukwe Zawose)
09. Rivers (Vernon Reid, Marta Sebestyen, Karl Wallinger)
10. Jijy (Arona N’Diaye, Rossy, Jah Wobble)
11. Big Blue Bal (Peter Gabriel, Manu Katche, Karl Wallinger)

http://www.cdjournal.com/main/news/-/19557 
【ちょっとプログレッシヴな気分で。】
タグクラウド
最新コメント
最新トラックバック
Sing Out / 山口孝司 (【ロックだけが音楽じゃなかった】)
繋がる命 / 山口孝司
  • ライブドアブログ